私的ライブレポート:androp/one-man live tour 2018 “cocoon” NHK大阪ホール 2018年5月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうど1年ぶりに、andropのライブを観る。(前回は、京都磔磔というライブハウスだった)
実はホール公演に行くのは、これが初めて。音楽に拘りを持っているandropなら、きっとホール公演は素敵なものになるだろうと信じて、行って参りました!

※ご注意:盛大に【ネタばれ】しておりますので、見てもOKな方のみ先を読んでください。



 大阪・NHKホールにて

最寄り駅の谷町四丁目(大阪メトロ・中央線と谷町線)から、徒歩2分。
なんという好立地でしょう(笑)
まわりはビジネス街なのかな、飲食店もたくさんあるし、イオン系列の小さなスーパーがあって便利。

私の大好きなモスバーガーを発見したので、ライブ前の腹ごしらえ!

食べ終わったらスーパーでお茶を買って、会場へ。
入ってから気が付いたんだけど、実は2年ほど前に、ストレイテナーのライブでここに来た事があったんだ。

入場すると、スタッフの方がandropのカードを配っていた。綺麗なカードだね。
こういった小物(?)も、いい感じのクオリティやから嬉しいですね。

ステージを見ると、なんとウッドベース(コントラバス)が!!
前田さん、今日はこれ弾きはるんや~…とワクワクしてました。あと、ちょっとスモーク炊いてたんかな?若干もくもくしてたような。

突然の暗転が、開演を告げる

18時ちょうど。最初の曲はPrism。そういえば、アルバムでも最初に入っていましたね。
私がこのライブに来ようと思ったきっかけが、これを含むアルバム最初の4曲なんです。さっそく聞けちゃった…!

そして2曲目が、なんとVOICE!今日、やってくれるとは思ってなかった!!嬉しすぎる!!
andropという、一生の思い出をつくってくれたバンドについてという記事でも書かせてもらったんですが、わたくし5年前、この曲のMV撮影に参加させて頂いて…思い出の曲なんです。

この曲が演奏されるときはいつも、あるフレーズのところでMV撮影のときに教えてもらった動きをする。
今日もやったところ、その後ちょこちょこ内澤さんがこちらを見てくれることがあったけど、伝わったかなー?今日も来ましたよー!(笑)

そしてその次が、arigato。先ほどお伝えした、ライブに来るきっかけの4曲のひとつ!
もう本当にありがとうございます…しょっぱなから聞きたかった曲ばっかりやん…。

あと、Jokerっていう曲が圧倒的やったな。たぶん、この曲が持つパワーがそもそも凄いんやと思うんだけど。私はこれを感じるために、今日ここに来たのだ!!

ホールならではの演出も盛りだくさん

ライブではエレキベースを引き倒す前田さん。今回は途中でウッドベースを弾いてたのだけれど、それだけでなくユーフォ(ユーフォニアム)も吹いてらしてビックリした!!

前田さん、学生の頃に吹奏楽部でユーフォを吹いてらしたんですよね。
ユーフォの語源は、euphonos(良い響き)という意味らしい。優しい音色の楽器でね。人の声と似ているとも言われるそうな。

私も高校生の頃、吹奏楽部に入ってたから、よくこの音を聞いていた。
先輩の吹いていたユーフォと、前田さんの吹くユーフォとでは、やっぱりちょっと違って聞こえた。奏者によっても違うんだろう。

こういった楽器が登場すると、なんだかホールらしいなって思いますね。

 

それから、相変わらず演出にもこだわりを感じた。
Proustという曲で、上のほうにあった球体の照明(数十個)が、ウェーブを描くように配置される。上下に移動させることや、電灯の色を変えることができるらしい。なかなか可愛いというか、綺麗な演出だった。

「ホールで席があるから、途中で座りましょうか」と言って、しっとりしたナンバーを弾いてくれたり。
曲と曲の間で、サポートのキーボードの方が洒落たフレーズを弾いていたのが良かった!
あっ…。この方も、佐藤さんという名前なのね!覚えておこう(笑)

https://twitter.com/yudai_sato0219/status/1000331548661399553

大阪でのハプニングはジンクス?

…やっぱりあるらしい(笑)毎回ライブでお客さんが無茶振りしたりとか、何かしらあるんですよね、大阪は(笑)
今日は、超めずらしいことに!内澤さんが歌詞を忘れてしまったようですよ…!

曲中に「楽しすぎて…歌詞忘れちゃいました☆」って言ってて可愛かった(笑)
妖怪歌詞飛ばしがここにも憑依しているのか…ッ!?
※andropとは全く関係ありませんが、KEYTALKのギターボーカルの人がよく歌詞を飛ばすので、メンバーから「妖怪歌詞飛ばし」と呼ばれています(笑)

最後は満身創痍!全力のパフォーマンスだった

本当に、全力だったみたい。
ラストのMCで、内澤さんがゼイゼイ息を切らしていて…かなり長い間、ずっとその調子だった。

今回アンコールはなく、最後のMemento moriでギターの音を鳴らしっぱなしにしたまま、メンバーが退場するという形だった。
終演が19:40で、一般的なライブと比べると短い時間。

これは私の想像だけど、もしかして、この時間が体力の限界だったりするのかな…?
体調が悪いのではないかと、ちょっと心配です。あまり無理しすぎず、これからも音楽を聞かせて欲しいなぁ。

今日は、ライブハウスとは違った趣で、しっかり音楽を聴けた感じがした。andropとホールは、相性が良いと思う。
andropの曲の歌詞には「涙」というワードがよく出てくるけど、Tokeiという曲を聴いたときに自然と涙が出てきてしまった。
最初はここへ来るのを諦めかけていたけれど、考えを変えてここに来て、本当によかった。

↓ブログの更新情報を発信しています