秋になったら聴きたい名曲7選+おまけつき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり涼しくなってきた。
こんな季節に、聞きたくなる曲…キュンとするような「ときめき曲」と、切なくなりそな「センチメンタル曲」に分けてご紹介します。よろしければ、みなさんもご一緒に。



秋のときめき曲

1.PERIDOTS/9月のソーダ

9月がもうすぐ終わっちゃうので、急いでご紹介します!(笑)
タイトルの通り、爽やかすぎる胸キュンソング!
「半袖の僕と 八分袖の君」という歌詞が超お気に入り。まさに9月ですなぁ…。

iTunes 9月のソーダ

2.KEYTALK/フォーマルハウト

フォーマルハウトって…何だろう?調べると、星の名前だという。
それで、歌詞の意味がちょっと分かってくる。「秋に浮かぶ四辺形」は、たぶんペガススの大四辺形かぁ…。

5年ほど前、彼らが司会をしていたラジオ番組で選曲テーマを募集していたから、「フォーマルハウトみたいに、恋がしたくなるようなロマンティックな曲お願いします!」とおたよりを送ったら、採用していただいて…おまけにフォーマルハウト自体も流してくれて嬉しかったぁ~!

その時に4人が選曲してくれたのは、
・義勝さん→ZARD/息もできない
・巨匠→尾崎豊/I LOVE YOU
・八木さん→音速ライン/逢いたい
・武正さん→キャノンボール・アダレイ/枯葉
でした。本当に有難うございます…!

3.パスピエ/あきの日

タイトルのまま選曲してしまってすいません…でもいい曲だよ!
パスピエの人気曲「とおりゃんせ」とも通じるような、日本童謡っぽい旋律に聞こえるのは私だけ?

特筆したいのは、露崎さんのベースですね!!私このベース好きすぎて、ライブでこれやってくれた時にずっと露崎さんのほう見てたからね!!まぁちょっと聞いてみてよ!

4.きのこ帝国/夢みる頃を過ぎても

秋をテーマにした曲ではないけど…この秋、私がよく聴いている曲をここでご紹介したい。

ついこないだ発売された、アルバム「タイム・ラプス 」のリードトラック。
このバンドには「東京」という大名曲があるんだけど、それが好きな方にはこっちもおすすめしたい。

今のきのこ帝国、すごくいい感じなんだなって、この曲を聞いただけでわかる気がする。はやくアルバム聞かなくちゃ!

秋のセンチメンタル曲

5.鬼束ちひろ/いい日旅立ち・西へ

生ける伝説、山口百恵が歌った「いい日旅立ち」のリメイク。これまたレジェンドの谷村新司さんが作詞してますが、リメイク時に歌詞も作り変えられています。

ウィキペディアによると、百恵さんご本人も「彼女の歌声はいい」と太鼓判を押しているとのこと。鬼束ファンとしては嬉しい限り…!

※私は、中学生の頃から鬼束さんのファンです。生まれて初めて買ったCDが、鬼束ちひろのインソムニアだった(はず)。

6.フジファブリック/赤黄色の金木犀

いわゆる「四季盤」…四季をテーマにしたシングル4作品の中の、秋にあたる曲。

日本人って、金木犀好きよな。
大学で、生物学の教授が教えてくれたんだけど、金木犀の花が咲くには、いろいろ条件があるらしい。気温とか日の光とか…それから、空気が汚すぎるとダメなんだって。

色んな奇跡が重なって、あの小さく可愛い花が咲いて、忘れられない香りがするんですね。

秋になったら、真っ先にこの曲が聴きたくなる…という人も多いのでは。私も必ず、毎秋聴いております。

7.東京事変/落日

「深夜枠」というアルバムに入っている。そのアルバムで、私が一番よく聞いているのがこちらの一曲。歌詞に歌われているのが秋かどうかは分からないけど…(というか、四季のうつりかわり全て書かれているような…?)

でも、落日…夕暮れ時って、秋を思い浮かべませんか?日の入りは毎日くるのに、不思議だけど。

美しいピアノの調べに、東京事変らしいメロディがのる…実に感傷的な曲。歌い終わりの最後のピアノがとてもドラマチックで、さらに心を駆り立てます。

おまけ

ブリーフ&トランクス/石焼イモ

さいごにおまけ。えっと…先に謝っておきます。ごめんなさい!!(笑)

数々の迷曲を生み出した、通称:ブリトラより1曲…
芋やね。おいもの季節やね。高らかに歌われるサビが、日本人なら何度も聞いたことあるあのフレーズで、切なくもクスっと笑ってしまうような…う、うーん(笑)

以上、私の秋曲プレイリストでした!みなさんも、良い音楽ライフをお過ごしください。

↓ブログの更新情報を発信しています