私的フェスレポート:イナズマロックフェス(滋賀)2018年9月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T.M.Revolutionの西川貴教さんが主催する夏フェス、イナズマロックフェス!

3日目のみ参戦してきました。
この夏フェスの特長、行きの電車やバスにかかった時間(混雑状況)、今回観たミュージシャンのクイックレポです!



 本日のフェス計画(観たいミュージシャン&芸人さん)

・BLUE ENCOUNT
・ダイアン
・KEYTALK
・藤崎マーケット
・HY
・浅越ゴエ
・ENDRECHERI(エンドリケリー/堂本剛)
・アキラ100%
・T.M.Revolution

…どうしよう、ぶっつづけでトイレに行く暇が無い(笑)
結局、断腸の思いでHYの途中で休憩を取って帰ってきたけど、浅越ゴエさんには間に合いませんでした…残念だけど、背に腹は代えられぬ…。

このフェス、ライブの合間に、芸人さんが漫才やってくれるんですよね。ダイアンと藤崎マーケット、さすがベテラン(アキラ100%はご想像の通り…)面白かったです!笑いすぎて涙でてきた(笑)

イナズマロックフェスって、どんなフェス?

前述の通り、T.M.Revolutionの西川貴教さんが主催している大型フェス!
西川さんの故郷、滋賀県で開催されています。(最寄り駅の草津までは、JR京都駅から電車で20分!わりと近いのが嬉しい)

ロックと名がついていますが、アイドルや芸人さんも多数出演していて、バラエティ豊かな楽しいお祭りです。

無料エリアと有料エリアがあります。大きなメインステージは有料ですが、無料エリアにもステージがあって、ライブが観れます。

ロックフェスというと、百戦錬磨の音楽ファンが集う所もありますが、このフェスは、地元の一般の方も足を運ばれている感じです。キッズエリアもあって、ファミリーで来ている方もちらほら。

会場への道のり

  • 13:25 草津駅到着
  • 13:55 バス停到着
  • 13:57 バス乗り込み&発進
  • 14:30 会場到着

最寄り駅からバス停まで→徒歩30分
バス待ち→ほぼ無し(!)
バス乗車時間→30分

朝から始まるフェスだけど、今回はちょっと遅めに昼から行きました。
意外と昼から出発するお客さんも多い気がした。

駅からバス停までは、去年より遠くなってた…何か理由があったのかな?
でも、道中に旗があったり、スタッフさんがいるから絶対に迷いません!

バス停まで15分・10分・5分の距離のところに、↓こんなハリボテがあったよ(笑)レインボー兄貴!

バス待ち時間なしは本当にありがたい。
他の夏フェスだと、バスに2時間待ちとかあるもんな…どこのフェスとは言わんけど…(笑)

会場に到着!

有料エリアの入り口で、リストバンドがもらえる。リボンタイプやね。

フェスでおなじみ、紙のしおりも貰えます。首にかけれて便利ですね。

会場の地面は、無料エリアはコンクリート。有料エリアは土ですね。

このフェス恒例なんだけど、季節的に雨や台風が来ることが多いんですよね…。
おかげで、地面がドロドロ…いわゆる田植えフェスになる。

雨の夏フェス(野外)対策…雨具だけは、絶対に質のいいモノを買っておくべきにも書いたけど、長靴は必須ですわぁ…。スニーカー、ダメ、ゼッタイ。

しっかし、今年の有料エリア…動物のフンみたいな臭いがしてて、ちょっとキツかったな…。
雨が降ったあと、地面が乾く時にこういう臭いがするみたい…。

昨日も晴れてたのに、全然土が乾いてなかったな。水はけ悪いんだなぁ…どうにか改善できないのだろうか?

でも、当日のお天気は晴れでよかった。会場には、みんなの作ったてるてる坊主が展示されてたよ。

さっそくフェス飯

おなかすいたので、とりあえずごはん!唐揚げとジェラートをいただく。

腹ごしらえを済ませ、準備万端でライブ観に行きました!

BLUE ENCOUNT

ブルエンを観るのは、本当に久しぶり。後述のKEYTALKと同期なのかな?仲良しみたい。
ボーカルさんが、いつも熱いMCをする人でね。今日は本フェス初出演ということで、控えめだったかもしれないけどいい話が聞けた。

お姉さんがT.M.Revolutionのファンで、昔ライブを観に行ったらしい。
ヒーローを見ると、なんだか自分まで強くなっちゃった気がするもんだけど、もれなく姉も強くなっていて(笑)、弟である彼の肩をガシッとつかんで「あんたもミュージシャンになりな!!」って感じの事を言われたそうな(笑)

今こうして彼が歌っているのは、もしかしたらお姉さんの影響もあるかも…!?

個人的には、以前のライブでもやってくれてた「ロストジンクス」が聞けて嬉しかったな!あと定番曲、「もっと光を」の動画も貼りつけときますね!

KEYTALK

わたくしの、本日のお目当て!きーとーく!

息をするようにライブ沢山やる人達で、叩き上げのライブバンドな彼ら。夏フェスにも沢山でているんだけど、今回は珍しく、初見のお客さんが多かったみたい!

そういう時こそ、古参(笑)の私はめちゃくちゃ楽しむよぉー!だって、楽しさって周りに伝染するからなぁー!!で、いつも通りマニアックなところでリズムを取ったり手拍子したりしてました!(好きなパートを体で表現するスタイル)

リハは無くて、入場SEは「物販」。激しめにシャウトしてるけど、「ラッシャイ!ラッシャイ!」と物販の売り子さんのセリフを叫んでいるだけのお遊び曲(笑)

本番最初は「桜花爛漫」という曲。アニメ境界のRINNEの主題歌として書き下ろされた、和風ポップロック。ファンにも好評な曲ですが、アニメ原作者の高橋留美子先生(らんま1/2とか、犬夜叉を描いた大先生!)も、この曲を気に入っているというエピソードを誰かがTwitterで言っていたような…だとしたら、とても嬉しいです^^

MCは、ライザップにも通っていたことがある巨匠(ギターボーカル)が「Tシャツでは隠し切れない胸筋が最高でした」と西川さんの肉体美に釘付けになっていたり、

義勝さん(ベースボーカル)と武正さん(ギター)の衣装のズボンがかぶってる話になって、「ちょっと…真似しないでもらえますぅ~!?」と義勝さんが言っていたな…(笑)

武正さんは「初めての人が多いと思うんで説明なんですけど、イェーイじゃなくて、ぺーいって言ってます!ぱぴぷぺーい!」と、わかりやすくちょっと面白いコール&レスポンス説明をしてました(笑)

あと、「イナズマ去年も来た人ー!」と募ってみたりね。私も去年来たよ!
そして「イナズマ初開催からずっと来てる人ー!」と聞いてみたときに、ちょこちょこ反応があって。武正さんが「すごいね~!」と言うと、自然と会場から拍手が起こって、なんだかいい感じだった。その時、舞台の上のメンバーも拍手してた。

セトリにもちょっとした驚きがあって、珍しく「MURASAKI」という曲を演奏していた。フェスでは滅多にやらない曲。ステージの照明が、曲にあわせて赤と青になっていました。

HY

最初の2曲くらいしか観れなかったんですが、初めて観れました!やったー!

沖縄の人なんですね。なんだか、お客さんみんな彼らのことを待ってたみたいで…私はA3ブロックの後ろのほうにいたんですけど、最初の曲が始まった瞬間どよめきがあって、みんなが自然と手を上に上げ、空を仰いでいたのがとても印象に残っています。爽やかな南風のような音楽だと思った。

キーボード&ボーカルの女性の方が、「5才の我が子を沖縄に置いてわざわざここに来たのに、皆そんな程度の声ですかー!?これじゃ沖縄に帰れません!!!」と言っていました。カーチャンつえぇ…(笑)

ENDRECHERI

なんといっても、天下の堂本剛!!彼見たさにひしめき合うお客さんで会場は溢れてました。

私は初めて観たんだけど、大所帯ね!
ざっと確認したところ弦楽器(ギターやベース)が3人、ドラムが2人、コーラスが3人、ブラス(トランペット・トロンボーン・サックス)が3人、キーボードが2人かな?

海の向こうからやってきた音楽みたいだった…ファンクっていうのかな?(私、音楽ジャンルとかよく分からなくて…間違ってたらすいません)

私、高校生の頃は吹奏楽部やったから、ちょっとだけ分かるんやけど…プロのブラスの人って、なんであんなに上手なん!?なんかもう…こわい!!(笑)

それから、コーラスの方がソロで「イナズマ~!」と歌っていたんだけど…声の迫力に圧倒された。声って、物理的にドーン!って体に届くもんなんやな…これはもう純粋に感動した。

堂本剛さんも歌ってはいたけど、歌が主役ではなく音楽の一部という感じ。弦楽器、ドラム、コーラス、ブラス、キーボード…みんなの音楽だった。

これが今の彼がやりたい音楽なのかな…いいものを観させて頂きました…!

(公式の動画や音源がみつからなかったので、かわりにアマゾンのっけときます!)

T.M.Revolution

きましたよー!皆の崇拝する兄貴が!!大トリ、T.M.Revolution様ですぞ!!
ほんと、様づけしたくなるくらい偉大な人やなと思いました…。

はじまる5分前くらいから、なんの前触れもないのにお客さんが「ターボ!ターボ!」と叫び出し、拍手喝采。まだ始まっていないのに、まるでアンコールみたいだ…。

たくさんのダンサーを従えて、曲の前奏が始まる。こ、これはまさか…あの「凍えそうな季節に君は」の曲…!?

しょっぱなから「WHITE BREATH」を聞けるとは!すごすぎるー!!!
え、次「蒼い霹靂」!?しっかくっは!しったごころ!!(ちゃんと手で四角つくったで!)

ほんで「HIGH PRESSURE」!?カラダを!夏にし!て!!(お客さん全員、振り付け完璧やった!!もちろん私も!)

ちょ、ちょっと待って…と思ったけど、兄貴は待ってくれなかった!
こっから「WILD LUSH」もやっちゃう!?ジャングルもやっちゃうの!?そうするとやっぱり…

「HOT LIMIT」もやりますよねぇー!!YO!SAY!夏が胸を刺激しちゃいますよねぇー!!(※テンションが上がりすぎて頭がおかしくなっています)

私は、今…夢をみているのか…?信じられんくらい豪華やないか!!

今年最後の夏フェス、最高のフィナーレ…!

怒涛のライブが終わり、そのままアンコール曲に突入。西川さん、みんなの帰る時間を気にしてくださってたみたい。(実際、ちゃんと終演予定だった8時の5分前くらいに終わった)

ラストは、今日の出演者がふたたび舞台にあがって、みんなで「Lakers」を歌う。
ブルエンやKEYTALKも出てたよー。私はそのときKEYTALKのタオル持ってたから、それをヒラヒラさせてたら本人が気づいてくれてるみたいやった。わーい(笑)

最後に、公式のレポートからMCを引用させてもらいます。

「今日は中秋の名月です。お彼岸はこの世にはいない人にも出会えると言われています。今年も家族の行事に付き合わせてしまいましたね。」

「毎年、これを言ってるんですが…言った後にちょっと言わなきゃよかったかな~って思ったりもしてるんですが(笑) それでも、やっぱり言っちゃいます…。」

「また、会おうな~!!!!!!!!!!!」

イナズマロックフェス2018ブログより引用

最後にあがった花火は…とても綺麗だった。私にとっては、今年最初で最後の花火だった。
先日の北大阪地震の影響で、行こうと思ってた地元の花火大会が中止になっちゃって、今年は花火を諦めていたから…最後にすごくいいプレゼントを、このフェスからもらった気がした。

ほんと、いいフェス!今年最後の夏フェス、いい締めくくりができました~!

↓ブログの更新情報を発信しています