雨の夏フェス(野外)対策…雨具だけは、絶対に質のいいモノを買っておくべき

春フェス&夏フェスの季節!!

フェス歴12年の私、雨の日も槍の日もフェスを楽しんで参りました。

残念ながら当日のお天気が雨の場合…野外フェスは屋根が無い&傘が使えないので、それ相応の準備をしないとマジで死ぬ。色々なものが死ぬ。(靴とか服とか心とか…色々…)

そこで、フェスを気持ちよく楽しむためにオススメの雨具グッズ・服装をご紹介します!

雨天時のフェス服装&持ち物

  • レインコート【重要!】
  • キャップ(帽子)
  • レインブーツ【重要!】
  • ジップロックの袋

レインコート

100均のレインコートでいいや…と思っていませんか?

雨具だけは、アウトドア屋さんで質の良いものを買ってください。値段はそこそこ高いけど、ここだけはお金をかけた方がいい。

防水性・通気性が、そこらのレインコートとは段違いで良いです。最近は異常気象で急に大雨が降ったりする事が多いので、しっかりしたものじゃないと全然しのげなかったりするかも…。

雨具には2タイプあります。以下を参考にお選びください。

●1.上着とパンツが別々のレインコート

絶対濡れたくない!!という人向け。ただし、着替えにくいのでそこだけがちょっとネックかな…。

●2.レインポンチョ

着やすく見た目も可愛いポンチョタイプ。雨が降ってきたな…と思ったときにすぐに着れるのが嬉しい。足元は防御できないのが弱点。

私は、Columbia(コロンビア)のレインポンチョを数年前に購入しました。 私が買ったものは↓こんな感じの折りたたんで持ち運べるタイプのやつ。

キャップ(帽子)

晴れの場合は、つば(帽子のでっぱり部分)が全方向についているハットタイプがいいのですが、雨の場合はキャップが良いです。

キャップをかぶってから、レインコートのフードをかぶります。

帽子のつばが、顔面に降り注ぐ雨を体感で60%くらいカットしてくれます。傘が無いと顔に当たるんだよねぇ、雨って・・・。

↓いわゆる、こういう感じのやつです。雨に濡れても惜しくないキャップで良いと思う。

レインブーツ

雨フェスのマストアイテム。スニーカータイプのレインシューズか、長靴を買いましょう。

靴の中に雨が入らないように、工夫が必要です。ズボンをレインブーツの中に入れるか、長靴自体に絞り(紐でキュッと履き口を締めれるやつ)がついているものにする。

私はABCマートで長靴を買いました。同じ型ではないけど↓こんな感じの、紐でキュッとできるやつ。

ジップロックの袋

ジップロックすごいぞ!!全然水が入らないんですよ、これ。
たぶん、水の中にドボンとつけても大丈夫なんじゃない?ってぐらい防水性が高い。

帽子・着替え・タオルをジップロックの中に入れて持っていくんです。絶対濡れないから!かなり重宝します。

あと、ビニールのごみ袋も何枚かあると便利ですね。荷物をその中に入れて、レジャーシートの上に置いたりすると多少は雨をしのげる。

雨フェスの心得

傘は使用禁止

基本的に、どのフェスも傘は持ち込み禁止です(各フェスのサイトで注意事項を確認しよう!)。会場では大人数が密集するので、傘をさすと危ないからだと思います。

会場に行くまでの道のりで、どうしても傘が欲しい場合は、折りたたみ傘でいきましょう。そして会場では、傘をたたんで使用しない。

泥とび注意

会場の地面が土だと、どろんこになります。

飛んだり跳ねたりすると、ひざの上まで泥が飛び散る。嫌な人はあまり跳ねないようにするのが賢明…。ただし、周囲にたくさんの人がいるし、歩いたりするので多少の飛び散りは仕方ないかも。

地面がこの状態になると、スニーカーでの歩行が困難になる。一歩踏み出すたびに靴の中に水と泥が入ってくるので、気持ち悪いし歩きにくい。

レインシューズを装備したアナタは、スニーカー勢が気持ち悪そうにモタモタしているのを横目に、颯爽とスタスタ歩くことができるぞ!(笑)

温かい食べ物・飲み物を積極的にとる

夏でも、雨ざらしだとビックリするぐらい寒いし、体力を持っていかれる。

水分補給はもちろんですが、それにプラスして、屋台で温かい食べ物・飲み物を買って、体を中から温めるのをオススメする。

 

以上!ちょっと準備をしておくだけで全然違うので、ぜひ楽しいフェスライフを送ってください!!

↓ブログの更新情報を発信しています