本日の気になるMV→KEYTALK/BUBBLE-GUM MAGIC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的に気になるMVを紹介するコーナー!
今回は、KEYTALKの新曲、BUBBLE-GUM MAGICです。

セクシーなMVなので、私のコメントも俗っぽいものになってます\(^o^)/
苦手な方はご注意ください(ほんとすいません…)



問題のMVはこちら!

「ねぇママ…男の人ってこういうのが好きなの?」
「見ちゃいけません!!」

という会話が聞こえてきそうなMV\(^o^)/

のっけからおピンクじゃないですかぁ~!(背景色的な意味で)
0:09のところぉ…カメラさんもうちょっと上のほう写して!!よろしく!!
見えそうで見えん!!ポロリはないのか!
けしからん、実にけしからんですなぁあ~~~

まぁ、ここまであからさまにやってくれると、逆にさほどいらやしくない…?
いや、やっぱやらしいか(笑)

さて、おピンクな話はこのくらいにしておいて…
とてもKEYTALKらしい表現のMVだと思いました。

ビシっとスーツで固めて、バンド名とかのキーワードはデカデカと黄色い文字でドーン!バブルやから、泡とかそれをイメージさせるしゃぼん玉。バブルガムやから風船ガムももちろん膨らませて、と…

やることが全部ベタ!あえてのベタ!!これぞKEYTALK!

楽器は、MVの色彩に合わせたものを使われていますね。

巨匠は赤色のギターだけど、普段使ってるの茶色じゃなかったかな?(最近は赤いのかしら…)

八木さんのスネアドラムも、黒かネイビー?に金のフチがついてていいよね~。

武正さんは、いつもの黒SG!高校生の頃からずっと使ってて、武道館にも持っていったらしいよ!ピンクに黒の配色って引き締まるから、このままでOKだったんだね、きっと。

で、義勝さんが持ってるのは…ティザー映像解禁のとき、ファンの子から「リッケンバッカーだぁ!!」と歓喜の声をちらほら聞いたよ。

何も知らない私はリッケンバッカーを調べたよ!(笑)

知名度でフェンダーやギブソンに押されていたリッケンバッカーでしたが、リッケンバッカーを携えてステージに臨んでいたビートルズが大成功したおかげで、一気にイメージを上げました。今なお英国アーティストが多く愛用するイメージは、まさにここから始まっています。

エレキギター博士より

なるほどねー!スーツ姿とも相まって、レトロでベタな感じを増幅してる訳か。よくできてるなぁ~!

最後に、メンバー4人の表情よなぁ~!終盤に色々切り替わるシーンなんだけど、みんなそれぞれいい表情してる。

3:25あたりの巨匠がガムはじけさせた後の表情と、
3:20あたりの義勝さんの笑顔と、
3:27あたりの武正さんがぷ~っとガムを膨らませてる所と、
3:48あたりでペロっとしてる八木氏がいいなぁ(笑)

この楽曲、めっちゃええやん!

ここからはメインの音楽の話です。

KEYTALKの表題曲にしては、テンポがゆっくりめなのが特徴的かな~。BPM110くらいかしら?

余談やけど、調べるために「メトロノーム」って検索したら、ほんまにメトロノーム機能がでてきた!すげぇ(笑)記念にスクショ載せとくわ(笑)

話が逸れたけど、私はこの曲を聞いたときに、夕暮れ時~夜の野外フェスをイメージしたんですよね。そのシチュエーション、この曲にめちゃくちゃ似合うと思いませんか!?

聴きてぇ~、夏フェスの一番ええ時間に聴きてぇ~(笑)

いわゆるKETYALKのお家芸「お祭りわっしょい!!」的なイメージとは少し違うかもしれないけど、実に彼ららしい楽曲だと私は思う。

実は、バラエティ豊かな曲をたくさん世に送り出している人達なので…今回は、KETYALKのこの面を出してきたんだなぁ~という感じ。

F.A.T(シングル:黄昏シンフォニーのカップリング曲)とちょっと似てるという声も聞いた。確かに、どちらの曲も出だしが「ミ」の音ではじまるね(笑)
※バブルガム~のほうは、バンドの音が入った所の最初の音が「ミ」だぜ!

そして驚いたのは、歌詞がいつもよりぐーんと聞きやすいこと。
テンポが遅めなのと、伴奏が結構シンプルっぽいから歌詞が聞き取りやすいのかなぁ。

PASSION(アルバム:SUGAR TITLEに収録)
FREEDOM(シングル:MONSTER DANCEに収録)
SUMMER(MABOROSHI SUMMERやYURAMEKI SUMMER他、夏の曲は十八番)など、
今までの作品のキーワードが沢山ちりばめられている。

個人的に、その中でも一番グッときたのは「まぶしい光のシャワー 七色の虹をかける」という歌詞ですな~。

※2019.5.14更新:上の歌詞がちょっと間違ってたので修正しました。「光の下で」と思ってたぁ~

これ、前作のアルバム「RAINBOW」のことでしょう?あのアルバムほんと最高だったよな~!思い出しちゃった~!

令和という新しい時代を迎え、ちょうどKEYTALKも同じ5月にレーベル移籍。
そう、絶妙のタイミングでこのシングル出してきたんやな。うまくやったね!(笑)

新しい時代を迎えるに相応しい、いい曲じゃないですかぁー!ほんと、これからも応援しますよー!!

最後に…別の記事:イベントレポート:KEYTALK × FM802 ラジオ公開収録でも書かせてもらったけど、義勝大先生じきじきに、楽曲でこだわったポイントを教えてもらったので紹介します!

いちばん最初、イントロはGマイナーで始まって、途中でEマイナーに変わる所がこだわりポイント。平行調の同主調に対する転調っていう技術を使っているそうです。

やべぇ、日本語なのに何言ってるか全然わかんねぇ(笑)
先生ごめんなさい!勉強します!!死ぬ気で!!

こちらの新シングル、来週5月15日(水)に発売でございます~!楽しみですね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ブログの更新情報を発信しています