新婚旅行は国内で!沖縄・石垣島4泊5日の旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の旅行だった!
私たち夫婦は、国内の新婚旅行を選びました。
沖縄の離島に行ったのは初めてだったんだけど、最高のひとときを過ごせました…。

どこを観光したかはもちろん、泊まった宿(ホテル)やおすすめの飲食店も教えちゃいます!

旅行のスケジュール(コース)

<1日目>
大阪・関西国際空港→沖縄・那覇で乗換→沖縄・石垣空港着でレンタカーを借りる→ホテル着

<2日目>
ホテル探検→川平湾(かびらわん)→平久保崎(ひらくぼさき)→石垣市街で夕食

<3日目>
石垣島シュノーケル&ダイビング

<4日目>
石垣空港発→沖縄・那覇空港着→免税店→国際通りで夕食

<5日目>
国際通り→牧志(まきし)市場→市場の食堂で昼食→沖縄・那覇空港→大阪・関西国際空港着

島めぐりにはレンタカーが必須

車が必須ですので、必ず運転できる人を連れていきましょう(笑)
タクシーを1日チャーターするのもいいですが、気を遣うのでやはりレンタカーがおすすめ。身内だけで回ったほうが、気楽に予定変更もできますしね。

泊まったホテルがリゾートすぎて…まさに楽園

インターコンチネンタル石垣リゾートに泊まりました。
百聞は一見に如かずという事で…見てくださいよ、これ。↓

View this post on Instagram

ラグジュアリーすぎるんですけど!

A post shared by クロ (@chrosite0719) on

敷地内にビーチやプールもあるし…ジムとか無料で使えるらしい…(使わへんかったけど)
あと、お外にソファやハンモックがあって…これは寝転がるしかない(笑)

敷地内でバーベキューをしている方もいました。う、羨ましい…!
今回は夫婦2人だったけど、家族みんなで来れたらここでバーベキューしたいなぁ…。

詳細は、お宿検索サイトなどでご覧いただければと思います…ほんとまた行きたい…

ドライブで石垣島を探索

川平湾(かびらわん)

まず、川平湾(かびらわん)という所に行きました。砂浜と海がとても綺麗なところ。
グラスボートっていう、船の底がガラスになってて、そこから海をのぞける遊覧船も出ています。

真ん中にうつってるのは、旦那(無職)です。
「ごめん、ちょっと邪魔やからちょっとだけ位置ずれてくれへん?」とお願いして、人なしバージョンも撮りました(笑)

それから、有名なアイス屋さんの「ブルーシール」があったので、ウベという名前の紅山芋アイスを食べた…この味、めちゃくちゃ美味しかったのでおすすめ!

平久保崎(ひらくぼさき)

島の北のほうにある岬です。ここは、まさしく絶景スポット!
写真でも美しいのですが…これは、自分の目で見てほしいな。
高い丘から、素晴らしい海を見渡せます。ずっと見ていたかった…。

石垣島のおすすめスーパー&飲食店

市街のほうには、マックスバリュや地元のスーパーなどが充実している。
24時くらいまでやってるスーパーが普通にあって有難い。

スーパーでは、お寿司のコーナーが超絶おすすめ!!
さすが島だけあって、明らかにとれたて新鮮なお寿司が、めっちゃ安くで売ってました。
エビのお寿司が美味しすぎて3回ぐらいリピ購入した(笑)晩ごはんはこのお寿司、という日もありました。

あと、地元の人でにぎわっていた「どてっぺん」っていう居酒屋さんもすごく良かったー!!
つきだしのかわりに、新鮮なサラダバー(食べ放題)がついてて…刺身のおいしさと安さに感動しつつ…色々な沖縄料理が楽しめます。

どてっぺん(ホットペッパーグルメ)

ダイビング&シュノーケリング体験

初めて、ダイビングとシュノーケリングしたんですけど・・・これは本当にやってよかった。
半日コースと1日コースがあったんですが、私は半日コースを。
シュノーケルやダイビング用品の使い方をしっかり教えていただき、ものわかりの悪い私でも楽しく体験できました!
簡単に言うと、息の仕方と、耳抜きの仕方さえ覚えれば大丈夫。

特に、ダイビングがすごく良かったな。
ニモでおなじみのクマノミをみつけたり、黒いナマコをみつけて触らせてもらったり…(案外、固いんですね。フニャフニャかなと思っていたのでびっくり)

私が海に入ったのは11月でしたが、それ用のスーツを着るので、1年中いつでもダイビングできるそうです!
正直、泳げない人は難しいかもしれないけど、それ以外の人はぜひやってみてください!

この島には、未来がある

最後になったけど、石垣の人たちの話…。意外だったのですが、若い人や子ども達をよく見かけました。女子高生とか、小学生とか。

きっと、少人数で学年合同クラスなんでしょうね。綺麗な校舎で、年の違う子ども達が5~6人くらいで一緒に遊んでいた。
それを見たとき、私はとても羨ましくなって…。

私は大阪で生まれ育って、そんな経験したことなかったから。人が多すぎて、窮屈な思いをしたこともあったなぁ…なんて思い出した。

都会から旅行でこの島へ来て、そのまま気に入って移住する方も少なくないと聞いた。納得です。
まだいないけど、自分の子どもがこんな環境で育ったら、いいかもしれないなぁ…と思った。

近いうちにまたこの島に来たいし、今度は与那国とか違う離島にも行ってみたい!

みなさんも、よろしければぜひ行ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ブログの更新情報を発信しています

もっと読む
 くらしの記事一覧